上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どうしてもミートソーススパゲッティーが食べたくて
ちょっとボロネーゼを。肉のパスタといえば、コレでしょう。

ボロネーゼ

すっげぇンマンマでした。久々の料理で、ンマンマでした。
自分で作る料理って、なんでこんなに美味しいんですかね。

レストランに行くよりも、安い上に、美味い。
食は無条件の幸せなり。


●レシピめも●
大量に作った方が美味しくできる。らしいです。


ソフリット作り
鍋に多めのオリーブオイル(100ml)を入れ、みじん切りにしたニンニク(1,2片)を入れて弱火。
ニンニクがキツネ色になったら、ベイリーフを入れる。

みじん切りにした玉葱(1個)、セロリ(1本)、にんじん(1/3本)を入れ、強火。
油が透明になってきたら、弱火にして、絶対に焦げないように30分以上、
茶色くなるまで炒めるぐらい。
(ソフリットは味の旨味、コク出しにとても重要。)


ひき肉
牛ひき肉(1kg)をほぐして、塩コショウしておく。
フライパンを強火で熱しておき、ひき肉を入れ、しっかりと焼き色をつける。
多少焦げた方が肉の旨味が増します。(真っ黒黒な焦げじゃないですが)

ざっくりと返しては焼き、ほぐしては焼き、を繰り返します。
オイルが透き通るまで、水分を完全に飛ばします。


火の扱いはデクレッシェンド
ひき肉をソフリットの鍋に入れ、全体を混ぜたら、赤ワイン(300mlぐらい)を入れて強火に。
アルコールを完全に飛ばします。

ひき肉を焼いたフライパンにも赤ワイン(100mlぐらい)入れ、強火。
肉汁と赤ワインを、鍋に入れてしまいます。
(ワインの旨味をソースに残すべし)


れっつオーケストラ
水煮のトマト(500g×2缶)はボールにあけ、芯の部分は取り除きます。
トマトをにぎりつぶして、全体をほぐしておきます(これは好みで)

トマトを鍋に入れ、ベイリーフ1枚、オレガノ・バジル(小さじ1)、ナツメグ・クローブ ・塩少々、強火にかけて15分程。混ぜこんでいきます。
味をみながら塩を入れ、完成。

(トマトの酸味が欲しいときは強火。
マイルドなテイストが欲しいときは弱火で1時間程煮込みます)


ミートソーススパが食べたくて

バジル、パルメザン、お好みでどうぞ。



ボロネーゼ、二日目も美味い。
もう、ンマンマー♪

パスタの他にも、グラタン、ドリア・・・色々と使えそうです。
冷凍保存しておくのも良いです。

しかし大量に作ってもンマすぎて、すぐ終わりそうです。

しかしパスタ店の、あのパスタが立体なワザ。
あれはなかなか素人には難しいですね。さすがシェフ。
スポンサーサイト

Comment

Post Comment


 
管理者にだけ表示を許可する

 

Trackback

Trackback URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。