上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
kao.

プラモデル。完成しちゃった♪
mini cooperです。oldです。
実は。もう、ここ4年ぐらい欲しいです。もう、ここ4年ぐらい乗りたいです。
そんな願望を叶えておくれ、プラモデルデルモ。
四輪の免許ねーし。

初めての車。っちゅー事で、大きな塗装したの初めてでした。
新品みたいなクーパーはよく見かけるので・・・。
あえて汚しに走りました。

イメージは田舎のクーパー。
乗ってる主人は、堤防近くの坂に住んでる一人暮らしの背が小さな子。
映画監督を夢見ながら郵便局で働いてる感じ。
みんなの手紙を届ける、そんな職業って良いよね。

なんつって。
こんな風に汚してくと、イメージや世界がどんどん膨らんでいくので好き。

車、いいねぇ。


製作過程をちょこっと残そう!っちゅー事で、こっからの話はバリバリ長くなりそうです。
興味ある人、どぞ。
ホイールの違い

最初はホイールから。TAMIYAのペインとマーカーXF-56でヌリヌリ。
ホイール以外にも、ほとんどの銀色はすべてコレで塗る。
下地をつけない、メッキパーツでも普通のパーツでも発色が同じなので楽ちんです。

シャーシ汚し

シャーシ汚しです。
実際、車の裏側なんて見た事ないんだけど。

ここで泥達、砂達、オイル汚れ達勢揃い。
プラモがFUJIMI模型なので、パーツ等の細かさは無いのはご愛嬌。
まぁ、組み立てる感じじゃなく、塗装する感じだよね。
マフラーの汚しもコスコスやっておりますと。
マフラーに穴が空いてないざんす。

マフラーの穴開け

ピンバイス0.5mmで排気口の奥を広げてやる。
ポソっとすす汚れも付けてみる。
やっべぇ、ウェザリングってたのしいです。
TAMIYAのウェザリングマスター使用。

ホイール汚し

ホイールも汚してみる事にします。
ホイールの汚れって、サビ・・・よりは、オイルで汚れるのかなぁ。
べちょべちょたっぷりと付けて拭き取る。っていう作業。

タイヤは砂汚し。
例のTAMIYAのウェザリングマスターのライトサンドで、タイヤの目を出してあげると、よりいい感じになりました。
てゆーか、パウダーなのでホントにサンドに近い。なのに結構定着力あるんだね。

シーと原型。しーと改良

シートです。内装です。
普通にランナーから切り取って。シートをカスタムしてみます。
まず、頭置き。端をズバっと削っちゃって。
角張ったシートだったので、全体的にカッターで肉削りをした後、ヤスリでキレイにしてあげます。
シートの中央部分にはパテを盛り込み。
半乾きになったら、パテにタオルの目をつけてあげました。ぎゅっぎゅっ。
全部乾いた後、セミブロックを吹いてあげます。

同じように助手席、後部席をやりつつ。
そして、内装は木目!っちゅー事で、ハンドルは木。ギアも木。ドアの内側も木。
メーターのデカールがイイ具合にベロっとなってくれちゃいました。
うーん、悔しい。。。

もうワンセット入ってたので、今度は根気よく。。細々作業をしていきます。
あのペロってゆーの、なんとかならんものか。

次はボディの塗装ね。

第一回サーフェイさー

Mr.Hobbyのサーフェイサーでシューッと下地。
乾いてから、何度か重ね塗りするとキレイに・・・
・・・してたら、ホコリが付いてしまい。

ホコリツイチャッタ

そしたらヤスリでガジガジ削って、しまいましょう。しまいましょう。
ガジガジ削って、ホコリが消えてトゥルトゥルになったら、水で洗ってキレイにした後、軽く下地をも一回吹きます。プスーー。

それから塗装。
赤いクーパーが良かったのだけど、真っ赤。てゆーのはOLD感に欠けるし。
ちょーっと濁った感じの赤、TAMIYAのスプレー缶マイカレッドでプスー。

二次塗装


と思ったらなんだか色の感じが予想と違う感じ。軽くメッキも入ってるみたいです。
まぁ、後でつや消しすればイイ具合になるだろう。と見込んで、
窓枠をメタリックグレイで塗ったり、タイヤ枠(?)をフラットブラックで塗り。
乾いてからキレイにマスキングをして。

次はボディの二次塗装に入ります。
プスー。
もう軽め軽めに吹いてあげれば良い具合。

とりあえず完成

ここからデカール貼り。
ボディパーツを付けて。そして、とりあえず完成。
ホントはこの状態でも十分キレイです。
自分はここからボディにも汚しをつけてあげます。それで晴れて完成。

クーパー

実はデカール張り。天井のユニオンジャックの赤と、ボディの赤が合わなくて。
貼ってから気付いた、この過ち。

『うぎゃっ。』あぁ、動揺。

とりあえず剥がさなきゃ・・・と思って、軟化材を塗って。
それが軟化材兼定着材だった罠。『うぉぁあぇっ!!』

急いで拭き取ると、べちょーっと汚く剥がれ・・・。
『・・・・。』あぁ、動揺。

軟化したのか。溶けたのか。デカールの癖に、油絵の具みたいな感じになって。。。
そんなんで拭き取った真似をしちゃったので、思いきり汚い。あぁ、動揺。。

とりあえず水で硬化させて、拭いて。。。ヤスリでゲシゲシと・・・。
ガジガジと・・・ガリガリと・・・してもユニオンジャック消えず。
しかしイイ具合に消えて、残ったので、そのまま泥塗りをして終了...(笑

クーパー右図
内装チラリズム
ちょっとコダワッテミマシタ
後ろ姿
old mini cooper


新しくこだわってみたのは、窓のワイパー跡。
これはプラモ屋のおっちゃんと汚しの話をした時に出て来たので、やってみました。
つーか、このクーパーのワイパー、短くないか?!とかツッコミいれつつ。
実際こんな車運転したら危ない。

そんな具合に楽しくプラモ製作完了。
泥付きのホコリかぶった感じのクーパーになって満足なのでした♪
スポンサーサイト

Comment

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

Post Comment


 
管理者にだけ表示を許可する

 

Trackback

Trackback URL
【当店ポイント2倍 9/10am9:59まで】アオシ コペンオーナーとしては、GETしたい商品です。20年ぶりにプラモデルを作りたいと思った商品です。趣味  ・・プラモデルの車が本物に見える?・ガンダムのプラモデルとポッキー・ プラモデル・プラモデル・プラモデル1/250「戦艦大和」・プラモデルに・ プラ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。