上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005//08/15/20:10   1/40 5.0 ISO200


たとえ一人でも見に行きました。
だって。だって。

そこで見たものを、相手に伝える事ができるでしょうか。

うぇい。


前橋は地元です。
地元の花火は、見たいです。

知人にはポツポツとしか会いませんでした。
まぁ友人の大半、地元を離れ都会に旅立ったからなのですが。

1


あぁ、でも。
デニーズ下小出店でちょいちょい会うバンドウーマンに会いました。
いつも夜9時10時以降に会う彼女。前はダストボールてスタジオで会いました。
彼女は自分の事知ってるんだろか。
『わっ、またいるよ・・・』って思うんだろうか。自分は思うけど。
そんな彼女はバンドに自分をかけてるステキな音楽人ですよ。
デニーズで会話をこっそり聞いてた罠。
超、影ながら応援してます。ほんとにコッソリ。
名前も知らないバンドウーマン。がんばってね。



話戻って。

花火。

河川敷。
あそこ、キレイに見えるね。
でっかいし。
ナイアガラ見えるし。てゆか初めて見ました。
あんな風に付いてくんだね、火。

3


500枚ちょいも撮って、まともに見れるのは数枚。
そんなもんです。難し。



それにしても"花火"って名前を付けた日本人てすごい。
なんてセンスがあるんだろう。
英語なんて"fire work"だよ。まんまじゃん。
この辺り、ワビサビがわかる日本人の繊細さが伺えます。

そして、カメラで見たら、なるほど。
確かにお花みたいだ。

生け花


提灯からお花が咲いたのんとかさ。
アングルでどうでも面白くなるのんね。

いや、ボケたりブレたりで、踏んだり蹴ったりですが。
1




『空におっきなお花が咲く。』

ホントにそんな感じがしたなぁ。

2



河川敷。
決して広くはない所だったのにもかかわらず、平気で人って通るんですね。
意味わからんス。職人さんが作った花火。。。花火って作るの大変なのに。

ひどいや、ひどいや。という以上に、
『(見えなくて)邪魔だけど。』て感じだった。
見たいなら座れよ。みたいな。後ろで見てる人いるんだけど。みたいな。


1



そして前に移動。

みんな花火を見ていて。
それはカップルだったり、家族だったり、友達同士だったり。

あそこは好きだった。
もっと早く行けば良かったのに。バカでぇ。
子供達がね。
『うっわー!!』って。
『すっげぇーー!!』って。
『おぉぉっっきぃ~~!!』って。

ニコニコしてまいます。
花火を見て感激してる子供達に。

ナイアガラ 1


人の事言えませんが。

自分も『どわぁー!!でっかっ!!』とか絶えず言っとるけど。
だって、でかいもんなぁ。
すっげぇよなぁ。

ナイアガラとか光る滝だよなぁ。


子供といえば。誰かが言ってた。

「この前、子供が言った事にビックリした事があって。」
『何?』
「花火大会で隣にいた子供がさ、」
『うん。』
「”ママ、お空がやぶけちゃう”って言ってたん。」
『・・・。』

脱帽。

そうだよね。やぶけちゃうよね。

0

スポンサーサイト

Comment

Post Comment


 
管理者にだけ表示を許可する

 

Trackback

Trackback URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。