上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
突然、無性に食べたくなるもの。

びっぐわん


肉まん。

作ってみますた。

自分で作る皮(ってかまん?)がスキです。

作り方ログー。

ベーキングパウダーで簡単に作っちゃうタイプのものです。

薄力粉300gと強力粉100g、ベーキングパウダー(大さじ1)を入れ
砂糖(大さじ1)、ごま油(大さじ半)、サラダオイル(大さじ半)を加え、
ミルク100cc、温かい水100ccを入れてこねまくります。

後、ラップをして一次発酵30分。

かわ


その間に具を。

具

豚ミンチ250g(適当)、生椎茸、たけのこ、きくらげ、玉葱、ねぎ、生姜をみじんぎりに。
クラムジュース、ごま油、醤油(各大さじ2)入れ、
酒、砂糖(小さじ1)と、鶏ガラスープの粉(小さじ1弱)入れて
まぜる。まぜる。まぜる。


できあがった皮を12等分し、生地を丸く伸ばします。
そこに具をいれ、きゅっきゅっと。。

まん


やってみたけど上手にいかないかったのです。。
包んでるうちに、底や側面の皮部分が薄くなったり、なんだりと。
うぎゃぁぁああ!!!となりながら、キュッキュっとまるめます。

コンビニとかで売られてる肉まん。
ありゃープロだ。プロフェッショナルの職人ワザだ。



できたところで、蒸し器登場。

蒸し器

肉まん達は、どんどん膨らむので、感覚をあけて入れましょう。
じゃないと、、、次に蓋を開けた時は、肉まん同士が中でギュウギュウになりますた。


こにくまん

小肉まん。
でっかいの一個と小さいのをポツポツ作ったのです。

小さいのは包む時に誤摩化しがきかないので注意。
具がはみ出したり、包む時がやたらと厄介でした。


でも、どんなカタチの肉まんでも、
味は旨い!!

皮うます!

個人的に、皮の部分が大好きなのですが。

包む時、多少の皮の薄さでも大丈夫な感じ。
そのぐらいが丁度いいかもしれません。あんまり分厚過ぎると、食パンみたいになりました。
皮スキにはたまりませんでしたが。。。


ンマンマ肉まん。

具のバリエーションとか、もっと知りたい所。
スポンサーサイト

Comment

ちょっと…。
すごいんですけど。

肉まん作るって、
まず考えたことないんですけど。

なんかね。
「発酵させて」の文字をみると、
すでに却下してるのね。

でも、おいしそう。
次、大勢集まる時にチャレンジしてみよう。

んまいよ肉まん。

売ってないなら、作る。とか
食べたくなったから、作る。とか

そーんな動機。

結構なんでも作れるもんなんだなー、と思ったのでした。
てゆーか、蒸し器最高。
ありゃー、ラクチンだ。
まぁさんに同じく。
肉まん作ろうなんて考えたこともなかったんですけども(^^;

す、すげー。

たまたま画像を目撃したピが、

「すげー!肉まんだ」
と吠えてます(笑)


料理人の道もいけそうじゃんっ。
食べてぇなぁ。
もう食っちまった。
何個か作ったんだけど、ンマー過ぎですぐに食べ切ってまいました。

てゆーか、一人暮らしのおかげで、3日間同じ料理でも大丈夫になりました。いぇー

あんまんとかさ
饅頭とかさ
親子丼とかさ
・・・食べたいよねぃー。

根っからの日本人です。チャオ。ニーハオマ。

ピ。きっと君もできるぞ、この肉まん。たとえー料理をしたことがぁーなくてぇーも~。
こねて、まぜて、つめて、まるめて、蒸すだけだものぉー

Post Comment


 
管理者にだけ表示を許可する

 

Trackback

Trackback URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。