上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
餃子

強力粉と薄力粉でギョウザの皮ができるってぇことで、つくってみました。
ギョーザァ―。

アメリカでこんなに料理するとは思わなかった(笑

レシピー。

●ギョウザ皮●
強力粉 1cup
薄力粉 1/2cup
ぬるい湯 70ccより多め
塩 少々


とりあえず、練りまくり。練りまくり。練りまくり。
えらく疲れたけれど、いい眠気覚ましになりました。
へろへろの力でこねるのは重労働にも思えましたが。

イイ具合の生地になってきたら
しめらせたタオルかぶせて、30分ほど寝かせます。


の間に具を。具を。


●具●
ミンチ 0.88lb(買ったの全部)
キャベツ 1/4個
Leek(ネギっぽくないネギ) ちょびっと
miniニンジン 5,6本
タマネギ 1/4個
オリーブオイル、ごま油、胡麻、醤油、塩、ガーリック、鶏ガラスープ。

もう匂いがすでにえらく美味そうでした。
しかし生肉はダメダメ。今は食べちゃダメ。

ニラって辞書でもLeekって出てきてしまって、翻訳できないので無しに。はぅ。ニラ‥



そんなわけで、生地のばしに入ります。
しかし気付いてしまった。

めん棒が無い。

ので、Big Spoon(おたまみたいなの)参上。
のばしのばし

ひらすらスプーンで生地を伸ばす自分。
ぐりぐり。

コツをつかむと全然丸くできました。

イビツとキレイ


んなわけで25個分制作。
具だくさんが好きなので、溢れ返る程ギュウギュウに押しこくり。
市販の生地よりも、練った生地の方がくっつきやすいです。やはり。
水餃子狙ってるんで、途中で皮が開かないようにギュウギュウ。

餃子


この頃、既に放心状態で作っています。

最近の不健康な生活のおかげで、生活リズムが昼夜逆転し
徹夜したくないのにも関わらず、結局、朝を迎えてしまい。
授業の合間が今日は6時間もあるので、その間に教科書開きながらギョウザ作りでした。
頭になんにも入ってないんだけれども、これでよろしいか。


さておき。
ゆでます。茹でます。ボイルボイル♪
沸騰お湯に入れて、浮いてきたら氷水に移し替え。
水餃子は一度冷やすのがコツらしいです。
(ちなみに揚げ餃子はこうするがよいらしい。)
冷やしたらまた鍋に入れて、気が済むまでボイルします。


とりあえず
どっちが美味いか、の対比で
水餃子と焼餃子に。

タレは醤油とSoy ビネガー。シンプルに。

焼き餃子と水餃子

結果。

どっちも美味かった。
特に水餃子は肉汁がブピュっと出て、たまらんでした。
んまー♪

しかし
もちっと餃子サイズが小さい方がよかったな。
一口サイズのがイイかもしれんです。

あと具、パンパンに入れるより僅かに余裕を持って詰めた方が肉汁が出やすいみたいです。
焼餃子でも肉汁がピュッピュピュッピュ。
んまー♪

しかし水餃子はトゥルトゥルでたまりませんでした。
自分は焼きよりも水餃子のがスキー♪♪

まだまだ三分の一ぐらいしか減ってないので
3日分ぐらいあるな、餃子・・・(笑
スポンサーサイト

Comment

Post Comment


 
管理者にだけ表示を許可する

 

Trackback

Trackback URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。