上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005//08/15/20:10   1/40 5.0 ISO200


たとえ一人でも見に行きました。
だって。だって。

そこで見たものを、相手に伝える事ができるでしょうか。

うぇい。


前橋は地元です。
地元の花火は、見たいです。

知人にはポツポツとしか会いませんでした。
まぁ友人の大半、地元を離れ都会に旅立ったからなのですが。

1


あぁ、でも。
デニーズ下小出店でちょいちょい会うバンドウーマンに会いました。
いつも夜9時10時以降に会う彼女。前はダストボールてスタジオで会いました。
彼女は自分の事知ってるんだろか。
『わっ、またいるよ・・・』って思うんだろうか。自分は思うけど。
そんな彼女はバンドに自分をかけてるステキな音楽人ですよ。
デニーズで会話をこっそり聞いてた罠。
超、影ながら応援してます。ほんとにコッソリ。
名前も知らないバンドウーマン。がんばってね。



話戻って。

花火。

河川敷。
あそこ、キレイに見えるね。
でっかいし。
ナイアガラ見えるし。てゆか初めて見ました。
あんな風に付いてくんだね、火。

3


500枚ちょいも撮って、まともに見れるのは数枚。
そんなもんです。難し。



それにしても"花火"って名前を付けた日本人てすごい。
なんてセンスがあるんだろう。
英語なんて"fire work"だよ。まんまじゃん。
この辺り、ワビサビがわかる日本人の繊細さが伺えます。

そして、カメラで見たら、なるほど。
確かにお花みたいだ。

生け花


提灯からお花が咲いたのんとかさ。
アングルでどうでも面白くなるのんね。

いや、ボケたりブレたりで、踏んだり蹴ったりですが。
1




『空におっきなお花が咲く。』

ホントにそんな感じがしたなぁ。

2



河川敷。
決して広くはない所だったのにもかかわらず、平気で人って通るんですね。
意味わからんス。職人さんが作った花火。。。花火って作るの大変なのに。

ひどいや、ひどいや。という以上に、
『(見えなくて)邪魔だけど。』て感じだった。
見たいなら座れよ。みたいな。後ろで見てる人いるんだけど。みたいな。


1



そして前に移動。

みんな花火を見ていて。
それはカップルだったり、家族だったり、友達同士だったり。

あそこは好きだった。
もっと早く行けば良かったのに。バカでぇ。
子供達がね。
『うっわー!!』って。
『すっげぇーー!!』って。
『おぉぉっっきぃ~~!!』って。

ニコニコしてまいます。
花火を見て感激してる子供達に。

ナイアガラ 1


人の事言えませんが。

自分も『どわぁー!!でっかっ!!』とか絶えず言っとるけど。
だって、でかいもんなぁ。
すっげぇよなぁ。

ナイアガラとか光る滝だよなぁ。


子供といえば。誰かが言ってた。

「この前、子供が言った事にビックリした事があって。」
『何?』
「花火大会で隣にいた子供がさ、」
『うん。』
「”ママ、お空がやぶけちゃう”って言ってたん。」
『・・・。』

脱帽。

そうだよね。やぶけちゃうよね。

0

スポンサーサイト
お留守番をしました。僕はいい子だよ。

装苑の今月号を読みながら。
smooshのアルバムを聴きながら。
シェイクン レモン グリーンティを飲みながら。
LUCKEY STRIKEを吹かしながら。


『あー・・。なんて平和なんだー。』


こんな時間は大好きです。
読書timeでもMusic timeでもtea timeでもなく。

お留守番time。


”ここは、動く部屋です”


でもやっぱり、イイ具合の暑さで天気だったので、外に出たくなりました。


『そーだ!!帰ってくるまで、お散歩をしましょう~。』

・・・みつけちゃった。
それはたまたま歩いていた時の事だったけれど。


不思議トンネル。

『・・・ここを抜けたら・・・』

流れる向こう。


・・そう。
不思議トンネルを抜けると、そこはまた違う世界なのです。


不思議道へようこそ。


*・*・*


トンネルを抜けたら、高くそびえたつ塔が見えてきました。

*花*花*野花*



『あれは・・?』

モンシロチョウさんがひらひら教えてくれました。
「あれは花の魔女の塔ひら。
魔女の手下の蜂さんは、危険なんだひら。
気をつけるひら。」

そうやって歩いていると、
蜂さんはこっちに気がついて、ボク等の近くにやってきました。
すぐ目の前を通って、お花に蜜を貰って、また奥へと帰っていきました。


ねぇねぇ。
花の魔女だって。

あった事ある??

きっと「こんにちわ~」って挨拶をしてくれるんじゃないかなぁ。
だって、蜂さんはなにもしなかったもん。

「甘いひら!!」とモンシロチョウさんは言ってたけれども。

3つ、大きな河を渡る橋があります。
橋の下の河は真っ黒。ひゃぁ、こわいや。

冒険。


「選択肢は3つひら・・・。」

さて、どれにする。。


・・・。

ボクが選んだのは一番壊れちゃいそうな橋。


「危ないひらひらっ!!」とモンシロチョウは言いました。
「落ちても助けてやらんひら。」

『うーん・・・。でも、黒い河に落ちてもきっと大丈夫ですよ。』


そんな事言ってるうちにヒョイヒョイっと渡りきっちゃいました。

ほーらね。

モンシロチョウは橋を渡ったら、ひらひらと花の魔女の庭園に帰っていきました。

次の大陸では、大きな大きなけむしさんに会いました。
そのでかさってったら、30もあってね・・・!!

けむし発見。


『やぁ、こんにちは』

「・・・・。
 ・・・こ、こんにちは。」とけむしさん。

『君、おっきぃね!!』

「・・・こわくないの??」

大きな大きなけむしさんとお話をしていたら、
彼はその大きさ故にみんなが怖がって、友達がいないんだそうだ。

「みんな、あんな風に向こう側で僕の事を見るだけなんだよ。」

・・・なんだかかなしくなりました。


なんにも変わらないのにね。

『きみはおっきくて強そうでカッコイイよ。』
「僕のカラダは、大切な人を守る為にあるんだ。って爺ちゃんが言ってた」
『・・・なんとも。それはそれは、とてもステキなカラダだね。』
「そうさ。」


little sun flower

『君達はちっちゃいんだね。素通りするところだったよ。』

「みんなそう言うの。」
「大人になったら大きくなるの。」
「でも大きくなったママとパパが枯れてしまったの。」

『そっかぁ・・・。』

「かなしいの。」
「でも、平気。」
「かなしくないの。」

『そっかぁ。。。』


小さい小さいお花。
how to 抱きしめる。
i know how。それは心の向くままに。

ぬぼー。

次は、ぬぼさんに会いました。

「ぬぼー。」

『こんにちは。』

「ぬぼー。」

『なにしてるんですか?』

「ぬぼー。」

『今日は暑いですね。』

「ぬぼー。」

『そういえば、昨日"愛し合った人達"を見ました。』

「ぬぼー。」

『ステキですよね。』

「ぬぼー。」


ぬぼさん。
「ぬぼー。」って言うからぬぼさんね。今決めました。
だってそれしか言わなかったんだもん。


日本製ハイビスカス

『本当に暑いや。これじゃ南国だ・・・』

と思ったら、南国のお花が咲いてました。

「常夏の楽園っシャール・うぃっ♪」

『・・・元気ですね。』

「だって、夏だっシャール・うぃっ♪」

『夏は暑いから苦手です。』

「crazy pigなwiki wiki♪波に乗ればっシャール・うぃっ♪」

『・・暑くないんですか?』

「一夏の恋は燃えるんだっシャール・うぃっ♪
いぇいっ。アバンチュールチュールだっシャール・うぃっ♪」




なんだかよくわからなかったので、飛ぶ事にしました。
上の方は少しは涼しいかも。と思って。

風船植物。


”飛び乗り場”に行って。
風船で空を飛ぶだけ。

ぴよょ~ん♪
プワプワプワ♪


塀の上まで行ったら
ボンっ!!

いきなり割れてしまいました。

割れた中から取扱説明書が入っていました。

"途中爆発・注意!"


『こーゆーのは、前もって言うべきと思うよ。』



塀の上には茄子姫がいました。

茄子姫

「ねぇ黄瓜。あなたはなぜ黄瓜なの。。」

茄子姫と黄瓜王子は恋に落ちていたのですが、
それはそれは、かなしいお話なんだそうでした。


それでも黄瓜王子の事を話すときの茄子姫の顔は、とても幸せそうでした。


ねぇねぇ。

人を愛しく思うのって、
どんな気持ちですか?

どんなにかなしいお話でも、
ちゃんとあたたかくなるんだね。

自分は、そんな事に気がつきました。


最後についたのは、お花畑。
ココが終点?わからないけれども。

サムネイル

透明でキレイな蝶々さんが迎えに来てくれました。


「もう帰るよ?
乗せてってくから早くおいで。」

『・・・ありがとう。遅れてごめんね。』


・・・そんな不思議道を旅してみた。




| main |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。