上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中之条にある、伊参スタジオを目指してみました。
なんとなく地図も何も持たずに。

赤い女の子の撮影でも行った所なんですが。

『もう何年ぶりかねぇ』
「3年ぶりとか?」
『そうだっけ?』
「4年ぶりとか?」
『そんな経つっけ!?』
「だって君が夏に帰ってきたの、そのぐらいじゃない?」
『そうだっけぇ。』


伊参スタジオ。きっと行ったらわかるよねー、なんて。



行ったら、わかんなかった。ってゆぅ。

ってのも、彼女が勝手にひょっこり小道に入っちゃうもんだから。
全然知らない道なのに、ひょっこりと。

そしたら予定外に何キロもちゃんと整備されてない一本道を走ることになったりして。

「対向車がきたら、ややこしいかも」
『うん。すぐ下、ガケだしね。』
「うん。落ちたら即死かね。」




「伊参スタジオどこかねぇ。」
『とりあえずちゃんとした道に出ないとわからんねぇ。』
「んー、これは予定外に迷子かねぇ。」

ちゃんとした道に出た時ように、まぁさんに道教えてメール送信。
ありがたく地図写メを受け取り。
お返しに、現状写メを送信。
そしたらお返事が返ってきました。

"迷子になりすぎな道やね"


途中、ヒラメとキジがまざったような茶色の鳥に出会い。
鳥獣保護区ってあったから、なんか色んな生物がおったんでしょう。



その先はキャンプ場でして。
その先っても、10キロぐらい走ったんですが。

「ガソリンが地味に結構減ってるんだけど・笑」







ポニーとか。
ヤギさんとか。
いた。


後で知ったんだけど、
走った道ってば、登山用の道だったみたいで。
この山をぐるんと登って降りてきたみたいで。



そりゃ、落ちたら崖ですよね。



彼女のひょっこり入る道って
なにかと色々あるんで楽しいんです。


その後、無事に伊参スタジオに着きました。
ありがとう。
スポンサーサイト
横浜旅行引き続き。


昼飯に、ラーメン博行ってきました。

ラー博

なんてゆーんですかね。

ラー博


昭和。
それもすごく。



1958年(昭和33年)の街並だそうです。
ここ、交番なんですけど、実はエレベーターでした。




しかし小物がすごいんですよ。
大道具もすごいんですよ。



地下1,2階に存在するんですけど、
すごい空調設備だなぁ。なんてまた変なとこに思考が。



「あたし、そこの割り箸中学校にいってるの」
なんてエキストラの人達がまたイイ具合に。

「そこの銭湯はねぇ、混浴なのよ。」って言われて入った。

・・・・あれ?

体重計


『これ、針が動かない・・・』


実は階段でした。


ぽつん


ここでもたんまりラーメンを食って(3件はしごして満腹)



そして食べるの必死になって写真撮り忘れ。まぁいつものことだけれども。
腹の中、マンと麺で一杯になったヨコハマ旅行でした。
ゴチソサマですた。
横浜いってきますた。
はぢめてのヨコハマ。


「あんまり初めて来たって感じがしない・・。」

『二人できたからかねぇ。』



付くや否や、迷子でした。
「元町・・・元町・・・」と探しており。
方向もアヤシくなったりしてたので、道を歩いてるおばぁちゃんに訊いてみました。
そしたら親切なおばぁちゃん。
ナンキンチョウまで連れてってくれましたよ。ありがたぅ。

「なんか、わざわざすいません。」に対して
『いいのよ~。この辺の散歩道なんだから』と親切なおばぁちゃん。
ありがとうございました。



中華街着いたら
とりあえず、行列に並んで饅頭を食いまくる。

まん。大好きなんです。まん。


ぱんだまん。中身は肉まん。
ぱんだまん

がぶり

ンまし。


『すごい勢いで饅頭ばっかり食べたんねぇ』
「もうマンで腹一杯・・」


『なんかお寺っ!!』

「クリスマスだけどお祈りする?(笑」

寺?


『千と千尋みたいっっ♪』

「いっぱい食ったから豚さんになっちゃうぅ」

『きゃあああ。どうしよう。
 最後、湯婆婆に"ざ~んねん。大外れ~"ってなって豚さんで食べられちゃったら・・・たいへぇんっ!!』

「んー、ハクに助けてもらおう。」

『なんか想像したら涙出てきた・・・』

「想像力ゆたかゆたか♪」



中華街

夜の中華街の細い道ってば
好き過ぎです。





中華街を出て、徒歩でみなとみらいへ。。
行こうとしたんですけど、ここでも迷子になったのでお巡りさんに道を訪ねる。。

どうも遠いらしく、地下鉄で行った方がいいみたいでした。
おまわりさん、どぅもアリガトゥ。



そして到着みなとみらい。

観覧車

クリスマスってのもあって、3時間待ちでしたよ観覧車。

「3時間。。。」

『ジェットコースターのりたいっ!!』

「うん。そっちにしよう。すいてるし。」

それでも20分待ち。ディズニーランドと思えば空いてる方かな。



その後も美味しい旅でした。よこはま。
ンマーな旅。また続く。ノシ
アメリカの歴史の第一歩、プリマスプランテーションに行った時のネガをプリントしてきました。

two people, one story

film1-08

film1-10

film1-04


当時の様子のまま残した観光地らしく
イギリスから移住してきた人達と原住民。
ボストンのプリマスプランテーションです。

それを再現したのがプリマス プランテーションらしいです。



初めてのライカで、初めて自分で現像して、初めて白黒プリントのプロセスをしました。

いやぁー!!
すべてマニュアルで、すべて自分でやる。
嬉しいなぁ。

出来上がってきた写真達が愛しいです。

アナログカメラ。
おもしろいなぁ!!
『海に行きたいっっ』
「冬の海はキレイよね」
『朝日を見に行きたいっっ』

そんな理由で行った海
夜中にハイマーがブンブン

前橋から出て50号をひたすらまっすぐ
友人のHow to get the seaを頼りにブンブン

チラリ 迷子になりつつ
BGMは いっぱい



日の出までしゃぼん遊び



「こんなオブジェ、部屋に欲しいわねぇ」
『海の中みたいー♪』




しゃぼん


静電気が働いて車の天上にシャボンがはっつくんですねー
モクモクと作っていると 重さで落下事件が発生

『ノォーーーンっっ!!』
「きゃあああああっっ!!」

写真は落下後のモノです(苦笑



日の出の気配を察知した頃。
「ハッ、寝てしまった!!」
『うん、でも数十分だけだったよ』
「いくわよーっっ」

風がピュウピュウ









『チュロリ―、寒くないのん?』
「寒いわよぅ!!」
彼女 素足さらけだしてます 冬の海で

「足が、真っ赤・・」
『だからパンツ持ってくればよかったのに・・』
「だめよぅ!! でももうちょっと防寒すればよかった・・」
『毛布巻いてっ 毛布巻いてっ』
「うふふふ」


ヒールで陥没してる


『足跡が、陥没してるっ!!』
「歩きづらーい。」
『・・・すげぇな、ヒール。』
「ブーツよ、ブーツ」
『すげぇな、ブーツ』
「歩く度、掘ってる感じ」




「もぉー、ばっちぃわねぇ」
『貝とゴミがいっぱーい』
「もぅ、ばっちぃわねぇ」



肝心の日の出は、とゆーと
雲がいい具合に出てきちゃって上手く見えなかったんだけどねw


はじめての車でブンブン遠出

にゃは♪


「来年も、また来れるといいね」
『うん』

| main | next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。